Biblio Kica/chocolate

 

 

13494994_1360941053923056_6448084938435531275_n.jpg

 



新しくなった「Biblio Kica/ビブリオ キカ」から
今日の一冊を。

真っ黒な表紙に小さく書かれたchocolateの文字
それだけで不思議と胸が高鳴るのは、

“Nine out of ten people like chocolate.
The tenth person always lies./
10人のうち9人はチョコレート好き。
そして10人目は嘘をついている”
(ジョンG.トゥリアス/ アメリカ・漫画家)からなのでしょう。

なんの変哲もない表紙からは決して想像できない
楽しい世界が127ページにわたって広がっていました。

世界中の誰もが親しみをもつ「チョコレート」をソースに
三宅一生、佐藤卓、深澤直人と30組のクリエイターが
さまざまな世界や事象を表現したデザインプロジェクト「 chocolate」、
その出品作すべてを収めたカタログ。

参加クリエーターは、エド・ツワキ、三宅一生+山本幸子 (ISSEY MIYAKE Inc.)、石井洋二、北川一成(GRAPH)、津村耕 佑(FAINAL HOME)、岩井俊雄、皆川明、植原亮輔+渡邉良重(D -BROS)など。

笑えたり、驚いたり、頷いたり。
チョコレートがますます愛おしくなる
美しく美味しい一冊です。

JUGEMテーマ:アート・デザイン

| Posted by kica2001 | Biblio Kica | comments(0) | trackbacks(0) |




Biblio Kica/水無月の本棚

 

 

 

13445304_1360237243993437_7068986945410745884_n.jpg

 

 

Kicaの本棚「Biblio Kica」、

BOOKS+kotobanoieによる
月一度のメンテナンスを終え、
今月もまた新しくなりました。


今回はいつもにも増して
店主の好みを突いたセレクト。

本棚の前を通るたびに
つい足が止まってしまいます。

ずらり並んだ奇貨なる本たち。
ご紹介する前に旅立ってしまうことが多いのですが
順次ご紹介していきます、できうる限り。

だけどできれば此処で、
その眼で、その手で、
直に触れていただければ。

本棚の醍醐味は
そこにあると思うから。

#本 #Biblio #Kica #ビブリオキカ #本棚 #book #kotobanoie #苦楽園 #古道具と喫茶

JUGEMテーマ:

| Posted by kica2001 | Biblio Kica | comments(0) | trackbacks(0) |




和の美をめぐる50の言葉


1934741_1274940232523139_2107395733094254767_n.jpg


 

「言葉は、


日々使わないことには

 

自分のものにはなっていきません。

 

どんな言葉でもたびたび使っているうちに、

 

自然と口から出てくるようになるものです。」



 

本書に綴られた

著者の言葉が心に残る。



 
「和の美をめぐる50の言葉」ー木村孝ー


 

もったいない、いただきます、
みっともない、おことわり、柳葉色、節季、
十六夜、嗜み、秋草、友禅染…

ニッポンの「ほんまもん」が教えてくれる美しい暮らし。

 

95歳を超える著者が
「今のうちに言っておかないと」と考えた
日本の四季やきものの美学、
日本語や日本のしきたり、
日本人としての嗜みなどの和の美は
今を生きる私たちへの言伝(ことづて)。



 

いつか。
ここに綴られた50の言葉の数々をさらりと口にできる、
そんなふうに齢を重ねていきたいと思う。



 

*********

兵庫県川西市の古書店「Books+kotobanoie」、
店主 加藤氏に毎月セレクトしていただいている
Kicaの本棚「Biblio Kica/ビブリオ キカ」、

「これ、好きでしょ?」

加藤氏の言葉が聞こえてきそうな秀作が
弥生の本棚にもたくさん並びんでいます。

 

ぜひ。

 

BOOKS+kotobanoie
http://kotobanoie.com/

| Posted by kica2001 | Biblio Kica | comments(0) | trackbacks(0) |




如月の本棚から。 ー 世界で最も美しい書店 ー


12745416_1265605393456623_234512860825659706_n.jpg


BIBLIO Kica/ 2月の本棚から

「世界で最も美しい書店」

まっさきに手にとった。
まっしろな表紙の奥には
想像を超える書店の数々。

世界中から選りすぐった20軒を、
撮り下ろし写真とジャーナリストの言葉で紹介した一冊。

元駅舎、元印刷工場、元教会、元劇場、
天国の階段、白亜の宮殿など
広大で豪華なそれもあれば、
極私的な書斎風、雑貨屋兼、レストラン兼、
中庭的、 民宿的など

光沢のない紙に刷られた「本のある風景」は
どれもタイトル通り素晴らしく独創的で、
世界の片隅に佇むその風景を
旅したような気分になります。
 


12741981_1265605426789953_705355583440705849_n.jpg


紙の本がなくとも読書はでき、
書店がなくても本は買える時代。

便利で効率的な暮らしを手に入れても
なお私たちを惹きつけてやまないもの、
それが書店にあることを改めて実感させてくれる一冊。

ブックデザインは「代官山 蔦屋書店」の
ディスプレイを手がけたデザイナー原研哉氏。
また、本屋好き自認する識者たちが
自らの本屋体験を綴るコラムもおすすめです。


1897932_1265605440123285_1431922438058873622_n.jpg

●掲載書店
日本・東京「代官山 蔦屋書店」
オランダ「セレクシーズブックストア」
ポルトガル「リブラリア レロ」
ポルトガル「Ler Devagar」
アルゼンチン「エル・アテネオ グランドスプレンディッド」
オランダ「アメリカンブックセンター」
パリ「シェイクスピア&カンパニー」
ブラジル「リベラリア デ・ヴィラ」
ベルギー「クック&ブック」
中国・北京「ポプラキッズリパブリック」
北京「ブックワーム北京」
台北「VVG Something」
イギリス「バーターブックス」
アメリカ「バーツブックス」
アメリカ「ザ・ラストブックストア」
ギリシャ「アトランティスブックス」
メキシコ「カフェブレリア エル ペンヂューロ」
イギリス「ドーント ブックストア」
ローマ「ブックスバーブックショップ」
ミラノ「コルソコモ ブックショップ」

#Kica #キカ #本 #雑貨 #喫茶 #ヴィンテージ #アンティーク #書店 #BIBLIO #古書 #books+コトバノイエ
JUGEMテーマ:アート・デザイン
| Posted by kica2001 | Biblio Kica | comments(0) | trackbacks(0) |




如月の本棚。
12717311_1263528210331008_95996985727361053_n.jpg



ストーブに載せたポットの蓋が
蒸気でカタカタ震える音と雨音。

それだけが聴こえる静かな土曜、
絶好の読書日和といえましょう。



Kicaの本棚「Biblio Kica/ビブリオ キカ」に
すばらしい本の数々がたくさん並びました。



本のセレクトと
本棚のエディテイング(編集)をお願いしている
books+コトバノイエ 店主 加藤さんと、
毎回テーマを決めて展開しているBiblio Kica。



今月はあえて月間テーマを設けず、
この本棚をスタートさせるときに掲げた
“The quality of having it(持つべき価値のあるもの)”
すなわち『単なる物質を超えた「もの」にまつわる物語』を
集めていただきました。



そこに記されているコンテンツだけじゃなく
オブジェとしても価値ある本を、
ずっと前からここに居るブロカントたちと同じように
「奇貨」 として手にとっていただければ。



そんな思いを込めた階段型のコトバノタナ。

KIca店主も熱くディレクションしたくなる、
珠玉の本が特に今回はたくさん並んでいます。



一段あがるたびに、
新しい風景や物語が
きっと見つかるはず。



ぜひ。




books+コトバノイエ
https://www.facebook.com/bookskotobanoie

‪#‎Kica‬ ‪#‎キカ‬ ‪#‎本‬ ‪#‎古書‬ ‪#‎ビブリオキカ‬ ‪#‎Biblio‬ ‪#‎book‬ ‪#‎本棚‬ ‪#‎文庫‬ ‪#‎苦楽園‬ ‪#‎喫茶‬ ‪#‎カフェ‬ ‪#‎ランチ‬ ‪#‎お‬茶 ‪#‎kotobanoie‬
‪#‎コトバノイエ‬

JUGEMテーマ:
| Posted by kica2001 | Biblio Kica | comments(0) | trackbacks(0) |




聖夜の本棚


535247_1225242694159560_7847027418195040382_n.jpg


季節外れの雷の後、
夕空に浮かんだ虹。

そして満月と星屑が
聖夜を照らしはじめました。

今年は空も魅せてくれます。

メリークリスマス。
いかがお過ごしですか。

今年も25日の営業を終え、
毎年恒例の模様替えを今から始めます。

新しい年を迎えるための新しい室礼、
Kicaの本棚「Biblio Kica」もまた新しく。

テーマは「写真」。

川西の古書店「BOOKS+ kotobanoie」店主 加藤氏によって
写真集はもちろん「読む」写真など、
実に様々な写真の世界が集まりました。

大型の美しい本も増え、本棚の景色が一変しています。

気になる12-1月のブックリストはこちら。
<http://www.kotobanoie.com/library/KICA_december15.pdf>

しんしんしんと夜は更け、
ジングルベルに代わって
2016年の足音が聞こえ始めました。

あしたもお待ちしています。
ひきつづき、素敵な聖夜を。

| Posted by kica2001 | Biblio Kica | comments(0) | trackbacks(0) |




夜長月の本棚


12036975_946264848763803_8994163722602593918_n.jpg


雨の定休日。

朝ヨガからの帰りみち、
お店でキッシュを仕込んでいます。

焼きあがりまで30分、
昨日新しくなった本棚から
気になる本を一冊、手に取る。

「ポテトスープが大好きな猫」

テキサスで暮らすおじいさんと
痩せっぽちの雌猫のお話。

夜長月。
新しくなったKicaの本棚は
ただいま猫、猫、猫のオンパレード。

すっかり夢中になって
ページを巡っていたら
キッチンから
よい香りが漂ってきました。

ずらり並んだ猫の本、
明日から
少しずつご紹介していきます。


JUGEMテーマ:アート・デザイン
| Posted by kica2001 | Biblio Kica | comments(0) | trackbacks(0) |




皐月の本棚
 

11196277_1087981867885644_2379622718585989905_n.jpg


皐月の本棚。

抜けるような空の青。
滴るような木々の緑。

新しい月を迎え、Kicaの本棚「Biblio Kica/ビブリオ キカ」もまた新しく。

今月のテーマは「無題」。

BOOKS+コトバノイエ店主、
加藤氏の感覚を元にセレクトされた本たちは

加藤氏曰く
「なんとなく
ファンタジックな物語が多い」模様。

たとえば、こんな。

□ ともだちは海のにおい | 工藤直子/長新太 | 理論社
□ 微熱少年 | 松本隆 | 新潮社
□ きことわ | 朝吹真理子 | 新潮社
□ 家守綺譚 | 梨木香歩 | 新潮社
□ アメリカの鱒釣り | リチャード・ブローティガン | 晶文社
□ クートラスの思い出 | 岸 真理子・モリア | リトル・モア
□ 遠い日の絵本 | 谷内六郎 | 新潮社
....and more

その他、ジョン レノンや
ドアノーの写真集など、
見て楽しめる美しいそれらももちろん。

たとえば、母の日のギフトに本。

お母さんを笑顔にできる一冊、
探しにお越しください。

5月のブックリストはこちら→
http://www.kotobanoie.com/library/KICA_may15.pdf

BOOKS+コトバノイエ 
http://kotobanoie.com/

Kica/キカ
http://www.kica.co.jp/


| Posted by kica2001 | Biblio Kica | comments(0) | trackbacks(0) |




12月の本棚。
 

10523286_986001208083711_1957122662016640840_n.jpg



階段脇の壁面に厳選した名作をずらりと並べた
Kicaの本棚「Biblio Kica/ビブリオ キカ」。

新しい月を迎え、また新しくなりました。

聖夜のためのアイテムがたくさん並ぶ店内に合わせて
BOOKS+コトバノイエが掲げたテーマは「花と緑」。

目の覚めるような美しい写真集をはじめ、
実用書、物語など、
贈り物にもお勧めの
美しい本たちがたくさん並んでいます。

なにかと気ぜわしい師走ですが、
たまには忙しい手をとめて

あったかい飲み物と食べ物、そして本を。

ぶらり、ちらり、ぜひ
遊びにきてくださいな。

12月のブックリスト→
http://www.kotobanoie.com/library/KICA_december14.pdf

BOOKS+コトバノイエ
http://kotobanoie.com/

| Posted by kica2001 | Biblio Kica | comments(0) | trackbacks(0) |




「表紙とカバー」(
 

10404455_973536092663556_2073213545725384951_n.jpg


キカの本棚、Biblio Kica/ ビブリオ キカ、
今月のテーマは「本のための本」。

数ある名作の中から
特におすすめをご紹介します。

東京・青山のブックショップ、”ユトレヒト”代表、
江口宏志氏による「表紙とカバー」は、
およそ300点にも及ぶ世界中の
ペーパーバック(おもて表紙)を集約した一冊。

1950年代から70年代に至る表紙デザインのなかには、
ディック・ブルーナ、ブルーノ・ムナーリ、シーモア・クワスト、
アルヴィン・ラスティグ、ポール・ランド、
ベン・シャーン、オーレ・エクセルといった
世界の巨匠たちによる作品も多数紹介されており、
ボリュームはもちろんクオリティも秀逸。

『「DTP以前」のカッコ良いデザインを見ていると、
ホント、グラフィックデザインは、テクノロジーでも予算でもなく
「センス」だな、と思う。』、
ある方がこの本について語っていたように、
どの表紙もとても魅力的で
何度も手にとってずっと眺めていたくなります。

冒頭の、著者がユトレヒトをはじめたばかりの頃に
ペーパーバックに出会ったエピソードもとても印象的で、
その確かな文章力につい引き込まれて
時間がたつのを忘れてしまう、
目にもココロにもぐいぐい訴えかけてくる本です。

オランダ、ドイツ、フランス、イタリ ア、アメリカ、
スイス、チェコ、日本、スウェーデン、イギリス。
国別に分類された構成で、
各国のペーパーバッグの特徴や歴史、背景などを
独自の視点で紹介した解説も必見。

巻末にはデザイナーリストも収録されており、
見応え読み応えともにおなかいっぱいになれる一冊。

さすがさすがのピエ・ブックス&ユトレヒト、そして
この本をここに並べてくださった
BOOKS+コトバノイエもまた、さすが。

「表紙とカバー」(江口宏志)
単行本: 256ページ
出版社: ピエ・ブックス
発売日: 2006/5/26

※ Biblio Kicaの本はすべてご購入いただけます。

Biblio Kica 霜月ブックリスト→
http://www.kotobanoie.com/library/KICA_november14.pdf

BOOKS+コトバノイエ
http://kotobanoie.com/



10418229_973536079330224_3066125478140067130_n.jpg




| Posted by kica2001 | Biblio Kica | comments(0) | trackbacks(0) |







calendar
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>


Recent Entry
   
follow me
   
archives
   
category
   
recent comment
search this site.