<< rainbow bridge | main | 新しいお店のこと。 >>
lien
 


この街に移り住んでから

その家の存在に気づくまで

そんなに時間はかからなかった。






阪急岡本駅北口すぐ。

白いカフェの奥にひっそりと佇むその家は

駅前の喧噪を一瞬で忘れさせる圧倒的な静寂と
穏やかな空気に満ちていた。








いつか。

こんなところで店をやりたい。







仄かに抱いた夢が

やがて現実になることを






この家は

知っていたのだろうか。







「あの家が、主(あるじ)を探しているらしい」。


知人がそう言い終える前に、
気づいたら
手を挙げていた。





本当は
店はひとつで十分だったし
何の計画もアテもなかった。

軽挙妄動、
無謀の極み。


でも手を挙げずにはいられなかったのは

きっと
ここが

今の自分に
絶対必要な出口であり、
同時に新しい入口になると
直感したから。






元の佇まいが気に入っていたから
大きく手を加えることはせず、
むしろ前の住人が手を加えた部分を
昔の姿に戻すという発想で
内装工事を進めている。



古家に宿る静かな時間と
古道具が語る物語の数々を、
大切に受け継ぐ場所。



公開まであと少しです。



※掲載した画像はすべて工事前のものです。

| Posted by kica2001 | life | comments(2) | trackbacks(0) |




きょうこ (2010/02/22 4:53 PM)
そんなふうに想ってもらえてきっと家も喜んでるね^^

私も大阪の店から、この家に来たとき、同じような感覚だったなぁ。

それがすごくうれしい^^

これから楽しみやね!

Kica manager (2010/02/22 6:22 PM)
きょうこちゃん*

ありがとう♪

きょうこちゃんが切り盛りする「FARM HOUSE CAFE」(ずばり文中の「白いカフェ」はここ。岡本駅を代表する、かなり素敵なカフェです)があったからこそ、この家に出逢えたのです。

北側に店を出すなんて発想、当時は誰も考えなかったもの。

本当にありがとう。

そして、工事中もいつも美味しいお茶をありがとう!
同じ敷地でこれからどんな毎日が始まるか、とっても楽しみです。

すえながく、なかよく、たのしく、よろしく〜*










url: http://blog.kica.co.jp/trackback/1006608



calendar
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>


Recent Entry
   
follow me
   
archives
   
category
   
recent comment
search this site.