<< 食べる ための 器。 | main | APARTMENT >>
お心入れ
 

IMG_2097.JPG
ドクターズバッグ/japan 12,600yen


「お心入れ(おこころいれ)」という言葉をご存知なら、
相当のアンティーク通か雑貨業に精通した方だとお見受けします。


かつて華美で重厚な印象しかなかった日本のアンティーク業界に
「カントリーアンティーク」という全く新しいジャンルを提唱し、
一大旋風を巻き起こした「カントリーモール・デポー39」、
そのショッププロデューサー、天沼寿子さんの言葉です。


長く売れずに残っている家具や雑貨に
磨きをかけワックスを擦り込み、心を込めてケアをする。

心を、入れる。

すると今まで見向きもされたなかった彼らが、
ほどなくして大事にしてくださる方のもとへと旅立っていく、

そんな不思議な出来事がたびたび起こる。

だからこの「お心入れ」は、
雑貨屋にとって
もっとも大事な作業なのだと。



この仕事をはじめて、
なんどそれを実感したことでしょう。

その不思議な出来事は、私の店でも
ほぼ日常的に繰り返されています。


徹底的なメンテナンスまでいかずとも、
朝、何気なく1センチだけ動かしたもの、
写真を撮ったもの、
なんとなく目が合ったものたちが、
その日のうちに旅立って行くのです。
それはそれは目を見張るほど高い確率で。


だから
できるだけ
品に触れてあげてくださいと
私はスタッフにお願いしています。



かつて
誰かの元で愛されてきたものが
また誰かの元へ受け継がれていくまでの
中継地である私たちに唯一できること。
お心入れ。

今日も、
あしたも
あさっても
つづいていく
しあわせな作業です。


IMG_2098.JPG
三面鏡/france 12,600yen




| Posted by kica2001 | I think! | comments(2) | trackbacks(0) |




homeychako (2012/02/08 2:57 PM)
天沼さん、私も大好きでず〜っと憧れています。
著書も大事にしています。
それにしてもこのドクターズバッグ、素敵ですね。
5日の日も店にあったのかしら?

「お心入れ」の話、こころにあったかく染みました。
ほんとうにそうですね。
私も小さな雑貨屋をしていますが店に立つと日々感じていることです。

はじめてkicaさんを訪れた日の記事がこの記事だったこと、嬉しくてなりません。
きのことベーコンのキッシュが美味しくて
また滋賀からはるばる通ってしまいそうです。
またお邪魔させて下さいませ。

Kica manager (2012/02/08 5:11 PM)

ありがとうございます。

同じお仕事に携わっていらっしゃる方が
わざわざ訪ねてきて下さることが、
とても嬉しいです。

次回お越しいただける際には
ぜひ、いろいろお話できれば。
今後ともどうぞよろしくお願いします。

*ドクターズバッグは5日も今も
店内に静かに鎮座しております(笑)。












url: http://blog.kica.co.jp/trackback/1006695



calendar
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>


Recent Entry
   
follow me
   
archives
   
category
   
recent comment
search this site.