<< 美味しい食卓。 | main | ロブジェ リヴァイヴァル >>
「表紙とカバー」(
 

10404455_973536092663556_2073213545725384951_n.jpg


キカの本棚、Biblio Kica/ ビブリオ キカ、
今月のテーマは「本のための本」。

数ある名作の中から
特におすすめをご紹介します。

東京・青山のブックショップ、”ユトレヒト”代表、
江口宏志氏による「表紙とカバー」は、
およそ300点にも及ぶ世界中の
ペーパーバック(おもて表紙)を集約した一冊。

1950年代から70年代に至る表紙デザインのなかには、
ディック・ブルーナ、ブルーノ・ムナーリ、シーモア・クワスト、
アルヴィン・ラスティグ、ポール・ランド、
ベン・シャーン、オーレ・エクセルといった
世界の巨匠たちによる作品も多数紹介されており、
ボリュームはもちろんクオリティも秀逸。

『「DTP以前」のカッコ良いデザインを見ていると、
ホント、グラフィックデザインは、テクノロジーでも予算でもなく
「センス」だな、と思う。』、
ある方がこの本について語っていたように、
どの表紙もとても魅力的で
何度も手にとってずっと眺めていたくなります。

冒頭の、著者がユトレヒトをはじめたばかりの頃に
ペーパーバックに出会ったエピソードもとても印象的で、
その確かな文章力につい引き込まれて
時間がたつのを忘れてしまう、
目にもココロにもぐいぐい訴えかけてくる本です。

オランダ、ドイツ、フランス、イタリ ア、アメリカ、
スイス、チェコ、日本、スウェーデン、イギリス。
国別に分類された構成で、
各国のペーパーバッグの特徴や歴史、背景などを
独自の視点で紹介した解説も必見。

巻末にはデザイナーリストも収録されており、
見応え読み応えともにおなかいっぱいになれる一冊。

さすがさすがのピエ・ブックス&ユトレヒト、そして
この本をここに並べてくださった
BOOKS+コトバノイエもまた、さすが。

「表紙とカバー」(江口宏志)
単行本: 256ページ
出版社: ピエ・ブックス
発売日: 2006/5/26

※ Biblio Kicaの本はすべてご購入いただけます。

Biblio Kica 霜月ブックリスト→
http://www.kotobanoie.com/library/KICA_november14.pdf

BOOKS+コトバノイエ
http://kotobanoie.com/



10418229_973536079330224_3066125478140067130_n.jpg




| Posted by kica2001 | Biblio Kica | comments(0) | trackbacks(0) |













url: http://blog.kica.co.jp/trackback/1006962



calendar
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>


Recent Entry
   
follow me
   
archives
   
category
   
recent comment
search this site.