<< 1,050yenではじめるエコ | main | my favorite place ・ 続編 >>
my favorite place.

靭公園2靭公園1


久しぶりに大阪へ行った。
展示会のためだ。

元来、引きこもり気味で
休日は意地でも外に出ない私にとって、
展示会は外界と触れあう貴重な機会でもある。

たまには外の世界を見るのも大切だと、
そう自分に言い聞かせながら
しぶしぶ出かけることにしている。

さて
地下鉄駅から歩いて数分。

連立する小さなビル群の一角、
ごみごみとした通りに佇むビルの入り口から、
なにげなく奥へ続く細長い廊下を覗き込む。
ビルの入り口に 立て看板がある。
どうやら、カフェがあるらしい。

「お茶飲んでから行こう」

そう思い、一歩足を踏み入れてびっくり。
細長い廊下の奥に別世界が広がっていたからだ。
イギリスやイタリアではよくあるカフェのつくりだけれども
日本の、かつオフィス街で
わずか10メートル足らず歩を進めただけで、
小汚いビルの向こう側にこんなにも癒しの世界が広がっているなんて
家に引きこもったままでは当然知る由もない、
すばらしい世界がそこにはあった。

VADE MECVM.

日常と非日常、表裏一体の境界線。
限りなく手短かなonとoffの在処。

キャッチコピーをふと考えてみたくなる、
青青と茂る公園の緑、
その借景にみごと成功したカフェだった。

壁も、床も、天井も、
一切の無駄を省いた無機質なコンクリート造り。
学校みたいな机や椅子たちは決して向かい合うこともなく
ただ静かに、目の前の公園の緑だけに向けられている。

その空間のすべては、公園にはじまり、公園に終わっていた。

絵もなく、花もなく、唄もなく。もちろん飾る言葉もない。
ただ、ギャルソンが真剣にコーヒーを煎れる姿と
その後ろに見える公園の緑だけを求めて
人はここを訪れるのだろうか。

冬には冬の。夏には夏の。梅雨には梅雨の。
四季折々の楽しみがここにはあって
きっと
お茶以外のなにものも、
ここには必要ないのだろう。

というか、それ以上のものは
たぶんここには存在しない。


この
与えられたロケーションを
最大に生かすとなると
これ以上の形はきっとないのだと思った。


「すごい」
「住みたい」
「かっこいい」
「つくった人に会ってみたい」
そう素直に思える数少ないカフェだった。

いつか
このような恵まれたロケーションを手に入れることがあったなら
私もこのように暮らしたい。
そのお手本のようなカフェだった。

今日は、いい日だ。
意を決して出てきてよかった。

展示会もすばらしかったけれど
この場所に出会えたことが
今日の成果のすべてだと。
そう思えたカフェであった。


| Posted by kica2001 | life | comments(3) | trackbacks(0) |




(2008/06/22 4:40 PM)
うらやましいです。
今、何が悲しいかって一人でゆっくりコーヒーを飲んで過ごす時間が無いことなんです。

お気に入りのカフェってありそうで無いですよね・・・東京ではありますか?
私はスパイスカフェさんがお気に入りです。
http://www.spicecafe.info/home

ちび (2008/06/22 11:22 PM)
初めてコメントします。こんにちは、ちびです。
私も大好きな場所です。
コーヒーと、靫公園の緑に癒されますね。



kica manager (2008/06/23 1:07 AM)
*`*+
コメントありがとうございます!
一人でコーヒーをゆっくり飲む時間がない…とは
さては子育て中の方でしょうか?

私は子供がいないのでわからないのですが、
子育て真最中の姉妹を見ていると
その大変さはよくわかります。

Kicaにも、わずかな自由時間をつくって
お茶をしにきてくださる主婦の方が実は非常に多いのですよ。

ごくごくわずかな貴重な時間、その癒しの場所に、
わざわざウチを選んでくださったことを、
いつもスタッフみんなで噛み締めながら
できるかぎりくつろいでいただけるよう試行錯誤を繰り返す日々です。


スパイスカフェさんのサイト、拝見しました!
古い一軒家を改築したカフェ、とっても素敵です。
私の夢です。
最近、おうち風の和みカフェが増えてますよね(ところがこういうカフェ、簡単に真似できそうでいて、実際は現代日本の住宅では難しいんですよね!)
しかも本場の味をしっかり追求されたメニューの数々。
店主さんが頑張ってるからこそ、
心から和める素敵な空間が実現しているのでしょうね。

東京へは、念に数回、展示会で行く程度なのですが、
都立大学のアンティークショップ「found」さんのカフェが
大好きでした(私の理想型ショップのスタイルでしたが、リニューアルしてカフェがなくなってしまいました…。本気で残念です)。
http://www.foundltd.com/


味だったり、ロケーションだったり、
音楽だったり、店主の魅力だったり…。

カフェという場所は、求められるものが
実にさまざま。本当に不思議な空間ですね。

東京の素敵なカフェ、
ご存知の方、情報お待ちしてます!


*`*+ちびさん*`*+

さすが! ご存知でしたか!
カフェって、味はもちろんのことロケーションも大切なんですね。
ほっこりできるのも大切だけど、
世に溢れかえってる素人風カフェでは物足りなくなった
私にとって、ミーカンさんは強烈な刺激を与えてくれる
カフェでした。

情報誌では既に有名店なのだろうと予想しつつ
あまりに感動したので紹介してみました。

気分やスケジュールや、体質にあったメニュー構成…。
その時々の自分の気持ちや体調、そして事情にあった
空間提供がカフェの醍醐味でもあり存在理由じゃないかと思う今日このごろ。

来てくださる方が
無理にカフェに会わせるのではなくて、
「今、必要とされる場所」として
いつも、いつまでも、ずっとそこにあり続けること。
カフェである以上、そうありたいと
しんみり思う店主なのでありました。

(ちびさん、展示会がんばってくださいね☆ 
ウチにもぜひ一度、素敵な作品、見せてくださいませ♪)












url: http://blog.kica.co.jp/trackback/834522



calendar
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>


Recent Entry
   
follow me
   
archives
   
category
   
recent comment
search this site.