<< 雑貨屋店主の「これお買いあげ」vol.10 | main | 雑貨屋店主の「これお買いあげ」vol.12 >>
雑貨屋店主の「これお買いあげ」vol.11


レース5


ボタン縦


ふだんお裁縫をしない私が
ふいになにかをつくりたくなる、
そんな瞬間がたまにあります。


今回、インスピレーションの鐘を鳴らしたのは、
フランスから届いたレースやボタンたち。

レース1レース2
レース3レース4



繊細で落ち着いた色合いのドイリーには、レースのリボンやチェーン、
異素材のチャームなどをあしらってネックレスに。
シンプルなトップスに上品なインパクトをプラスして、
いつもと違う秋冬コーディネイトを楽しんでみたくなります。

額縁のようなフォルムの珍しいレースは
手持ちのバッグやスカートに縫い付けて。
内側にお気に入りのパーツを思いつくままプラスすれば
どこにもない個性的なアイテムが完成しそう。


ボタン1ボタン2
ボタン3ボタン4



革、ベークライト、ガラス…。
素材も色も質感もさまざまなボタンたちは、アクセサリーのパーツにおすすめ。
金具に貼ってリングにしたり、ネックレスやヘアゴムのチャームにしたり…。
たったひとつでも十分な存在感、さすが古き良きフランス製。

さらに今回は、日本の古い古い商店の倉庫で眠っていた
デッドストックボタンを大量発掘。
ハンドメイドで贅沢に使っていただけるよう、
お手頃価格に設定しました。
フランス製とはひと味違う、シンプル&レトロなカラーが魅力です。

ボタン5ボタン6
ボタン7ボタン8


いつの時代も
手のひらに収まる小さなパーツたちが、
女性の心をつかんで離さないのは一体なぜなのだろうかと
届いた品をフレームに並べながら、ふと考えます。

家族や 自分や、大切な誰かのために。
気持ちを込めて、魔法のように
「世界でひとつ」を表現したい。

眺めているだけで幸せな気分になれるけど、
自分らしさをプラスできる懐の深さも持っている。
だからこそ、女性はその小さなパーツたちに
無限の宇宙を見いだすのでしょうか。

女性に生まれてきた限り。
いくつになっても、
ずっと失いたくないもの。
それはきっと
乙女心と裁縫箱。




頬をなぜる風も、ずいぶん涼しくなりました。

やわらかな日差しのなか、風通しのいい静かな部屋で
ひさしぶりにお裁縫箱を引っ張りだしてみようかな。

la petite tailleuse(小さなお針子)を応援したい。
そんな想いで集めたKicaのメルスリーコーナー。

私のように
お裁縫が苦手な方にとっても
小さな幸せづくりのきっかけになれたなら…
とても嬉しく思います。







| Posted by kica2001 | new arrival | comments(0) | trackbacks(0) |













url: http://blog.kica.co.jp/trackback/866477



calendar
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>


Recent Entry
   
follow me
   
archives
   
category
   
recent comment
search this site.