<< 雑貨屋店主の「これお買いあげ」vol.11 | main | 雑貨屋店主の「これお買いあげ」vol.13 >>
雑貨屋店主の「これお買いあげ」vol.12


ミシン1ミシン2
ミシン3ミシン4


オブジェとしての審美性と
道具としての機能性。

古いものに惹かれるのは
その両方を備えたものが
多いからなのだとつくづく思う。

たとえば、今回買い付けた2台のミシン
(イギリスではsewing machineと呼びますね)。

どちらも両サイドの引き出しが二段になった珍しいタイプ。
つまみの周囲とサイドに施された繊細な彫り模様、
脚踏み部分の編み目模様もシンガーならではの優美なラインが描かれて、
まさに芸術の域だと、眺めるたびにため息が出ます。


ちょっとお高め。でも今回のお品は
思わず手を出さずにはいられなかった。
それぐらい、お勧めできる逸品なのです。

一台は、ミシンとしての実用性を備えた現役実力派(68,250yen)。
居心地のいい場所に置いて、カタカタコトコト。
懐かしい音とともにのんびりと作品づくりに没頭したくなります。
使わない時はミシンを中に収納して、テーブルとしても使えます。

ミシン5ミシン6
ミシン7ミシン8



もう一台は、ミシン部分を取払い、収納スペースとして
利用できるようリメイクを(63,000yen)。
コード類やノートパソコンなど、
見せたくないものを収納できるワーキングデスクとしてはもちろん、
ディスプレイしたコレクションを眺めながら
お茶を楽しむティーテーブルにも変身します。

これぞ才色兼備の極み。

美しさと実用性、
両方を備えたものなら、
「また買うの?」なんて非難の声も
どこ吹く風、と店主なんぞは思うのですが…。
はてさて皆様はどう思われます?








| Posted by kica2001 | new arrival | comments(0) | trackbacks(0) |













url: http://blog.kica.co.jp/trackback/866926



calendar
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>


Recent Entry
   
follow me
   
archives
   
category
   
recent comment
search this site.