<< 雑貨屋店主の「これお買いあげ」vol.14 | main | Kicaのクローゼットから >>
もうひとつの出発点

入り口/大


この7年、
ほぼ休みなく開けていた店は
そうとう疲れていたと思う。

つい先日、
思いきって臨時休業をいただき
店の補修と模様替えを行うことにした。


スタッフ友人総動員で
朝いちばんから作業をスタート。

まずは全ての家具を移動して、
傷みの激しい床、そしてドアや窓枠の補修と塗装。
棚の取り付け、入荷したばかりの家具の配置、
新しいコーナーづくりと新商品のディスプレイ。

書いてしまえばわずか4行なのだけど
いやいや、これが本気で大変。

てきぱき、もくもく…。
猛烈な勢いで、手際よく。
励ましあって、讃えあって、
がっつりたっぷり11時間。

皆フラフラになりながら
ようやく全ての作業が完了。

一斉に外へ出て、
しげしげと店を眺める。

「よくなった! 見違えた! 頑張った!」
思わず歓声、自然に拍手が沸き起こった。


店も
私も
オープンした頃の輝きを
もう一度、取り戻せたような気がした。


皆のチカラで Kicaはできてる。

何千人の人が通り過ぎたであろう
傷だらけの床を磨きながら
何度も何度もそう思った。

私一人じゃ何もできない。

これまでも これからも。
ずっと支えてくれる人たちへ
感謝の気持ちを忘れてはいけないと思う。


願わくば数年後、
傷だらけになった床を
また磨くことができたなら
なにより幸せだと思う。


中心になって作業を進めてくれたスタッフの砂ちゃん、
魔法みたいな大工技を披露してくれたSさん、
丁寧に美しく…完璧な仕事ぶりを発揮してくれたAちゃん、
休日を返上して駆けつけてくれた元スタッフのMiku、
多忙な中、プロの技を見せてくれたTちゃん、
遠方から差し入れをもって訪ねてくれたスタッフのRie、
心配して仕事帰りに覗いてくれたパートナー、

本当に本当にありがとう、そしてお疲れさまでした!




ノブ

ドアの木板は、ちょっと渋めの色に変身。
何千人もの方に回してもらった片方の真鍮ノブは
鈍い輝きを増していきます。


床1

砂漠状態だった床やドアの木は、
おもしろいほど塗料を吸い込み、
ほら、こんなに元気になりました。


床2

雑貨スペースの床はややダークな色に変更。
ちょっぴり重厚感が増したみたいで大満足。


リス

名付けて「今の気分」コーナー。お勧めアイテムが並びます。


正面ディスプレイ

ちょっぴり秋色をプラス。ピアノは店主のお気に入り。


チェスト

一番のお気に入り、ファブリックコーナー。
ライティングビューローと一体化した珍しいチェストは
店主のイチオシアイテムです(189,000yen)。


ミシンコーナー
糸
ミシン2

クラフトコーナーもさらに充実、ボタンやレースもさらに見やすくなりました。


鳩

癒しのコーナー。香るお花と鳥さんたちがお出迎え。


クローゼット
クローゼット

今回の模様替えの最大目的、新たにつくったクローゼットコーナー。
深まる秋とともにさらに充実していきますので、どうぞご期待ください。


キーボックス
カフェ

カフェスペースは、大きなキーボックスが新しい顔に。


入り口/ワイド

扉の向こう側に 新しいハッピーが待っています☆

| Posted by kica2001 | I think! | comments(2) | trackbacks(0) |




かや (2008/09/13 9:29 PM)
kicaさんらしいお店ですね。
いつか、うちの暴れん坊と一緒にぜひぜひお伺いしたいです。

Kica manager (2008/09/13 9:35 PM)
かやさん、ありがとうございます。
先日、久しぶりにI社長ご夫妻にお会いできました。
かやさんとはマイミク同士だと言ったら、びっくりされてましたよ。
ぜひ、関西に来られる際はお立ち寄りくださいね。
かわいいTくんにお会いできる日を楽しみにしています。












url: http://blog.kica.co.jp/trackback/873433



calendar
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>


Recent Entry
   
follow me
   
archives
   
category
   
recent comment
search this site.