<< 夢見る宝石たち | main | 海と空と雲と鳩について。 >>
time machine

たとえば

2階の古い勉強机が
ものがたりの入口で。

一番上の引き出しに
そろりそろりと
足をのっけて
一気に体を滑り込ませたら。





見逃すべきでなかった過去のサインに
気づくことができただろうか。

消えてなくなろうとしているものを
取り戻すことができるだろうか。


そして。


大切にすべきものを
間違えたり迷ったりせず
この目でみつけ
この手でつかみとることも。





絶望や失望を
希望に変える
魔法のどうぐ。

他の何を引き換えにしてもいい。
いま、私がいちばん欲しいもの。







日々Kicaにやってくる

フランスやイギリスの

古道具や家具たちが

私にとって

そして

あなたや 他の誰かにとって

ちょっとした夢の入口になる日のことを

いつもより とくに 強く

心から願います。


| Posted by kica2001 | I think! | comments(5) | trackbacks(0) |




みほ♪ (2008/11/27 9:15 AM)
タイムマシン

ふとした時に過去に胸が締め付けられるくらい戻りたくなる時があります

それは 友達とのあの場面だったり

もう職を離れて7年経とうとしているのに
あの頃の楽しさよりも自分のふがいなさだったり・・・

そしてもうすぐ小学生という所で旅立ってしまったあの子

そんなことを思い出したり。

それを思う度 今を生きなきゃ!と自分に言い聞かせ
果たして今の自分でいいのだろうか?と自問自答。。

ちっぽけな自分に昨日も反省していた所です



喜怒哀楽の詰まったアンティークの家具や小物達

一体どんな人が使っていたのだろう?なんて思いをはせて

また大切に使おう

そして Kicaさんでの雑貨たち これからの出会いも楽しみです


  





Kica manager (2008/11/28 11:02 AM)
みほ♪さん

私もいま、過去に戻りたくて仕方がありません。
ほんの些細な選択のひとつが
人の命の長さまで変えてしまう怖さを
嫌という程実感しています。
もう一度、あの日に戻りたい。
今はただそれだけです。





ソラン (2008/11/28 9:24 PM)
私にもそんな時があります。できることなら戻りたいやり直したいあの瞬間に戻れたら・・・
でもそのときはそれ以外選択するしかなかったそのときの私はそれを選んだ、または選ばざるを得なかった。 きっと多かれ少なかれ誰でも1度くらいはあるはず。もし選ばなかったらどうなっていたのだろう。
でもそれはきっと私だけが選んだのではないそれも必然? もし事がひっくり返る力を持っていたらきっとその方向に勝手に転がっていったに違いない。だから自分だけで背負うべきものでもない自分で物事を左右できるほど自分は偉大ではない。そうなるべくしてなったのかもしれない。答えは堂々巡りいつも自問自答です。
私もこんなことあることを伝えたくて・・・

kica manager (2008/11/29 12:51 AM)
「必然」という言葉が、
こんなに自分を鎮めてくれるのかと驚きました。
いつも皆さんを元気したい思っているのに、
結局励まされてばかりです。
ソランさんの言葉はどれも優しすぎて
恥ずかしながら顎が外れるぐらい泣きました。
顔全部、いま痛いです(笑)。
今やっと気づきました。
私にとっての「夢の入口」は、
側にいてくださる皆さんなのだと。
本当に本当に本当に。
いつもありがとうございます。

ソラン (2008/11/29 2:29 PM)
私もお二人の文章で泣けたので参加しました。またジーンとしました。
心の中に仕舞い込んでいたものを出しました。
答えはきっとずっと出ないかもしれないけど
これからまた何度も同じ事を思い出すだろうけど
時々は後ろを振り返っても、また前を向いてたら
何かいい事があるとイメージしていきましょう!!
kicaさんで思いの詰まったアンティーク達に会えるの楽しみにしていますね!











url: http://blog.kica.co.jp/trackback/905116



calendar
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>


Recent Entry
   
follow me
   
archives
   
category
   
recent comment
search this site.