<< 朝がえり | main | Kica online store debuit! >>
雑貨屋店主の「これお買いあげ」vol.16


ロンドンから数百キロ離れたカントリーサイドのマイナーフェアや
片田舎の薄暗いアンティークセンター、
はたまた都会の片隅にひっそり佇む古いショップなど、
思いがけないタイミングで
驚くようなアイテムに出逢うことがあります。

それらは静かに、
でも
圧倒的な存在感で
私に話しかけてきます。

「ここにいるよ!」

そうなると
私はもう
彼らを素通りすることなど
できなくなってしまいます。


たとえば、これ。


ホームプライド ケーキ缶



HOMEPRIDE社のcake bin。

厚手のブリキでつくられたハーフサイズのケーキ缶は、
雑誌や洋書でもたびたび紹介されるアイテムですが、
実際にこの目で見るのは今回が初めて。


「cake bin?」
「HOMEPRIDE?」
「Pride-O-Home?」

そんな方のために
ちょっとマジメにアイテムのお話。


まず「cake bin(ケーキビン)」とは、ケーキ専用保存容器のこと。

日本ではなじみの薄いアイテムですが、
ケーキやビスケットを家庭でつくるのが当たり前だった欧米で、
それらを保存するための容器はキッチンに欠かせないアイテムでした。


写真のような角形のcake binに保存されるのは
デリケートなスポンジ系のそれではなく、
何個も重ねられる素朴なパウンドタイプ。

たくさんのドライフルーツを混ぜ込んだケーキを
さらに美味しく熟成させるために
専用シートで包んで保存していたのだとか。



製造元である「HOMEPRIDE(ホームプライド)」は、
イギリスを代表的する製粉会社(1920年代創業)の名前。
(創業当初はTOMMY HOMEPRIDE MILLSの商標を使用)

同社は、1922~1923年にかけて
社名やスローガン(「Pride-O-Home」)を入れた
アドバタイジングアイテムを数多く製造し、
社名はもちろん、社名と同じ商標名の小麦粉を
広くイギリスの家庭に浸透させることに成功しました。

広告宣伝の役割を担った商品は、
現在では人気の高いコレクターズアイテムとして
世界中のファンを魅了しつづけています
(1960〜1970年代に活躍したオリジナルキャラクター
「Fred/フレッド」は、その代表的存在。
黒い帽子に黒い服、3等身のユーモラスな姿はご存知の方も多いはず)。


さて、このケーキ缶。

淡いグリーンのペイント(クリーム色のものもあります)、
薄く掛けられた白のスパタ(しぶき)模様、
流れるような筆記体の黒いロゴが、
なんともいえずチャーミング。


同じシリーズのflour bin(小麦粉保存容器)はたまに見かけるものの、
ケーキ缶、特に角型のものは製造数がとても少なく、
さらにロゴ下に「pride-o-home」というスローガンが入る
1922年以前につくられたこれは、
そう簡単には出逢えない相当のレアアイテム。


ちなみに、新旧の違いは見た目だけではありません。
持ちあげると、ずっしり重い。
古いものほど厚くて丈夫。
この法則、ホウロウのみならずブリキも然り。


「やっと逢えた!」

喉元まで出かけた声をぐっとこらえ、
高まる鼓動と興奮を悟られないよう
冷静に素早くディーラーと値交渉を始めます。



宝探しのドキドキと
出逢えた時の感動と。

それは、このお仕事の大きな醍醐味。
古いもののすばらしさを
たくさんの方と語り合うのと同じくらい、
店主にとって、
心が踊る瞬間です。



しあわせだなぁ。

いいものに出逢うたびに、
店主はそう実感します。



もちろん。

「稀少」というだけで
ものの価値は量れません。


でも。

古いものに魅了されるきっかけとなった
洋書や写真で見かけたアイテム、
それらに直に触れてみたり、
それらが生まれた時代背景や歴史をちょっぴり垣間みることも
古いものとのおつき合いを
さらに楽しくする方法のひとつなのだと
店主なんぞは思います。



愛を注ぐと
ものは
いろんなことを語ります。
いろんな ものがたり が 生まれます。


このキズも あのキズも。
愛された故の勲章。
古い古いものがたりのひとつ。


これから
はじまる、
あなたと
ものとの
あたらしい
ものがたり。

私が知っている
ささやかなものがたりを
こうしてお伝えすることで
あなたと
古いものをつなぐ
橋渡しができたなら。
それはとてもしあわせなこと。

そんな気持ちから、
4月からオンラインストアを始めます。

詳細はまた改めて。

| Posted by kica2001 | antique | comments(0) | trackbacks(0) |













url: http://blog.kica.co.jp/trackback/949312



calendar
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>


Recent Entry
   
follow me
   
archives
   
category
   
recent comment
search this site.